地元ボランティアと協力しているEクラブ

投稿:ズハール・シャープ(ロータリープログラム担当職員)

地域の人びとが自力でニーズを調べ、それに取り組めるよう支援することによって、最も持続可能な成果を挙げることができます。従来型のロータリークラブが地域の人びとと協力して活動する例がよく聞かれる一方で、参加型プロジェクトで地元の人びとと手を組んで素晴らしい活動を実施しているEクラブもあります。Eクラブがネットワークを広げ、地域社会での奉仕活動を充実させるための方法の一つが、ロータリー地域社会共同隊(RCC)です。

RCCは、ロータリーの奉仕の精神を共有する、ロータリー会員以外の地域ボランティアの集まりです。先進国・発展途上国に関わらず、ロータリーが存在している地域であればどこでも結成できるRCCは、提唱ロータリークラブ(従来型クラブまたはEクラブ)と協力し、地域社会の特定のニーズに取り組む活動を実施しています。RCCの中には、特定のプロジェクトのために一定期間だけ結成されるグループもあれば、地域が抱える問題に対して継続的に活動しているグループもあります。
Eクラブの数が増加しつつある現在、EクラブとRCCのパートナーシップも増えてきています。現在、4つの大陸でEクラブがRCCを提唱し、協力して実施して素晴らしい活動成果をあげています。以下にその例をご紹介します。

  • RCC-Foodbank-Roof第1100地区Eクラブ(英国)は現在、2つのRCCを提唱しており、各RCCが特定の問題に取り組む活動を実施しています。Malmesbury RCCは洪水対策の取り組みと食糧バンクの設立、Let’s Loop Swindon RCCは耳の不自由な人のために補聴器の質を改善する活動に取り組んでいます。
  • Lake Atitlán-Panajachel Eクラブ(グアテマラ)は、Peña Blanca 1 RCCと手を組み、適切な環境管理と地域住民への教育を通じて、湖水盆地の自然を保護する活動を推進しています。

RCCに関する詳細はこちらをご覧ください。また、RCCの活動の成功例をロータリーショーケースでぜひご紹介ください。

広告

地元ボランティアと協力しているEクラブ」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: RCCとともに地元のニーズに取り組む | ロータリー奉仕の最新情報 | 日本語

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中