倫理的ジレンマ: あなたならどうする?

会員Aさんのクラブでは、教育リソースが限られた貧困地域の学校にパソコンを設置し、教師への研修を行うプロジェクトを計画しており、そのための資金を集めています。ある日、著名な企業の幹部である会員Bさんから、資金の大部分を出資してもよいとの申し出を受けました。この申し出を受ければ、必要なパソコンがすべてそろい、プロジェクトを早めに完了させて子たちへの授業を開始できます。しかしAさんは、この申し出を受けるべきかどうか悩んでいます。というのも、最近メディアで、この企業の倫理が問われる事態が報道されたからです。この申し出を断れば、プロジェクトの完了はだいぶ先になってしまいます。

こんなとき、あなたならどうしますか?

広告

倫理的ジレンマ: あなたならどうする?」への4件のフィードバック

  1. Bさんの会社倫理を問われる問題が発生していても、それが事実であり、Bさんが関わっていることが明確でBさんがクラブ会員として不適格であるなら、退会をさせるべきと思います。
    そうでないなら、クラブ会員のBさんの申し入れを受けるべきと思います。

    いいね

  2. Bさんがそのクラブの会員なのであれば、受けるべきだと思います。クラブの判断・裁量が今後重要視されていくでしょうが、会員身分が有効である限り受けるべきです。

    いいね

  3. Bさんには、資金を出してもらうだけではなく、この奉仕活動に何とか参加頂くように仕向けることで、それを通じて職業奉仕も同じことなのだということを理解して(気付いて)頂く良い機会になるのではないでしょうか。私たちは、奉仕を通じてより良いロータリアンになるよう努力している者の団体であると思います。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中