ロータリーボイス

倫理的ジレンマ:あなたならどうする?

広告

あるクラブは、共通の目的をもつ地元団体とパートナーシップを結んでいます。会員Aさんは、パートナーシップの責任者として最善を尽くしています。また、このクラブには、以前この団体と協力したことがある会員Bさんがおり、パートナーシップの発展に熱心に取り組んでいます。ある日のこと、活動の進展に満足できないBさんが相手団体に電話をして、期待事項を伝えました。その後、相手団体の担当者から、Bさんの要求が強引すぎるとの苦情がAさんに届きました。Aさんは、Bさんの熱意に感謝しつつも、クラブのイメージを維持しながらパートナーシップを成功させるには、どうすればよいかと悩んでいます。こんなとき、あなたがAさんならどうしますか?

関連記事
>> 倫理的ジレンマ:あなたならどうする?(候補者の選出)
>> 倫理的ジレンマ:あなたならどうする?(クラブへの影響)
>> 倫理的ジレンマ:あなたならどうする?(国際大会への派遣、奉仕活動での貢献)

広告

広告