ロータリーボイス

赤ちゃんとお母さんの命、みんなで守る

広告

By 国際ロータリースタッフ

ロータリーの「母子の健康」月間である4月、クラブではどのような活動に取り組んでいますか?

世界保健機関(WHO)によると、毎日およそ830人の女性が、妊娠と出産に関連する予防可能な病気で命を落としています。妊産婦死亡の99%が開発途上国で起きており、母親と新生児のおよそ半数が出産時、出産後におけるケアを受けていません。

5歳未満の子どもの死因の上位は、出産時の合併症、肺炎、出生時仮死、下痢、マラリアです。これらはいずれも、医療によって予防できる問題です。

国連の持続可能な開発目標3(すべての人に健康と福祉を)では、妊娠、出産、母子の健康、そして安全、効果的、高品質、かつ手頃に医療やワクチンにアクセスできることなど、健康に関する重要な優先事項に取り組んでいます。

ロータリーでも、多くの関連プロジェクトが実施されています。

ロータリーショーケースでクラブの奉仕プロジェクトをご紹介ください!

最近の記事:
>> 木に託す願い 平和と友愛、そして地球のために
>> 「元気」が自慢のわがクラブ
>> たった2滴のワクチンで…海をこえたワクチン投与体験記

広告