ロータリーボイス

趣味、友情、奉仕を一度に楽しめる「ロータリー親睦活動」

広告

By Zuhal Sharp(国際ロータリースタッフ)

同じ趣味や関心をもった有志によって作られるロータリー親睦活動グループ。そのはじまりは、エスペラント語に関心をもつロータリアンたちが非公式なグループを結成した1929年にさかのぼります。1947年には、ボート好きのロータリアンたちが自家用ボートにロータリーの旗を掲げ、自らを「International Yachting Fellowship of Rotarians」(国際ヨット愛好家ロータリアン親睦活動グループ)と呼びました。

以来、グループの数や規模は拡大したものの、「ロータリー会員とその家族、プログラム参加者、学友を友情で結びつけ、趣味や職業をシェアできる場を提供する」という目的は変わりません。2015-16年度現在の親睦活動グループ数は68、報告されているメンバー数は世界で総勢50,703人にも上り、メンバーの居住国は180カ国を上回っています。グループの平均メンバー数は746人。その種類も、テニス、ワイン、マラソン、料理、スキューバダイビング、キャンピングカー、ジャズ、コンピューターなど、実に多岐にわたります。

ロータリー財団を支援するグループも

これまで100年間、ロータリー会員は、ロータリー財団を通じて水と衛生、疾病予防と治療、平和の推進、基本的教育、地元経済の成長といった分野を支援してきました。当然、これらの分野にかかわる親睦活動グループが作られましたが、ほかのグループもそれぞれユニークな方法で財団への募金を行っています。その例をいくつかご紹介しましょう。

6月は「ロータリー親睦活動月間」です!この機会に親睦活動グループに参加したり、新しいグループを作ってみませんか?グループのリストはこちらをご覧ください

最近の記事:

>>イタリアの伝統ある鋳造所から ロータリー財団100年を祝って

>>国際大会、いよいよ開幕!

>>ロータリーのお祭り「ワールド・フード+ふれ愛フェスタ」(WFF)

 

広告