ロータリーボイス

クラブ運営に欠かせないツール「ロータリークラブ・セントラル」

広告

By 国際ロータリースタッフ

目標を定めるということは、北極星を見つけることと同じである。その場所がいつでも確認できるならば、道に迷いそうになっても、容易に元居た場所に戻ることができる」(米国の政治経済学者、マーシャル・ディモック)

個人でも、組織でも、成功に欠かせないのが目標です。ロータリークラブも、目標を立てて活動することで、より確かな成果が残せるだけでなく、会員の達成感にもつながります。

数年前に立ち上げられた目標設定ツール「ロータリークラブ・セントラル」は、これまで世界中のクラブで活用されてきました。しかし、多くの会員から「使いにくい」「動きが遅すぎる」といったコメントが寄せられていました。こうした声を受け、最近ロータリークラブ・セントラルの機能とデザインが一新され、大分使いやすくなりました。これまで敬遠していた方も、きっとご満足いただけるでしょう。

まずはMy ROTARYにログインして内容をご覧ください(My ROTARYのアカウントをお持ちでない方は、登録方法を説明したこちらの資料をご覧ください)。ロータリークラブ・セントラルは、My ROTARYのメニュー「運営する」から開くことができます。

ロータリークラブ・セントラルを活用すべき10の理由

  1. 目標をシェアできる:全員が共通目標に向かって活動すれば、クラブの結束が強くなり、達成の可能性も高まります。My ROTARYアカウントをもつ会員ならだれでも、クラブの目標と進捗を見ることができます。
  2. 活動の成果を確認できる:活動が結果を出しているかどうかを確認することで、活動方法を見直し、必要に応じて目標を軌道修正できます。
  3. クラブデータをグラフ化:ダッシュボード画面でデータの推移や進捗が一目で確認できます。
  4. 分野別に目標が立てられる:目標は「会員の増強と参加促進」「ロータリー財団への寄付」「奉仕」「若いリーダー」「公共イメージ」「会長賞」のカテゴリーに分かれています。各カテゴリーから目標を選べば、一定の分野に偏らずに目標を立てることができます。
  5. クラブのデータを1カ所に記録できる:データを定期的に更新すれば、クラブ活動全般の記録として保存できます。
  6. いつでもデータが見られる:スマホやタブレットで自宅や外出先、例会場からいつでも見られます。
  7. クラブ戦略計画を立案できる:ロータリー戦略計画に沿った目標が既に含まれており、クラブの戦略計画にこれらを盛り込むことができます。
  8. 年度ごとに比較できる:毎年入力すれば、過去のデータを見ながら新しい目標を立てたり、推移をグラフや数値で見ることができます。
  9. 会長賞を受賞できる:会長賞項目が含まれているため、これらの目標を達成すれば会長賞の受賞資格を満たすことができます。また、ロータリークラブ・セントラルの活用自体も会長賞項目の一つとなっています。
  10. ペーパーレスで環境にやさしい:紙を節約して地球を守ることができます!

参考資料:
>> ロータリークラブ・セントラルのリソース(入力方法等の資料が閲覧できるラーニングセンターのコース、My ROTARYログインが必要)
>> 新しくなったロータリークラブ・セントラル(動画)

最近の記事:
>> 平和の心を世界に広げる樹木
>> 倫理的ジレンマ:あなたならどうする
>> 世界ポリオデーに向けて行動を

広告