ロータリーボイス

教育支援 — できることから

広告

学校に通っていない子ども、およそ570万人
15歳以上で読み書きできない人の数、およそ7億人(3分の2は女性)。
これらは国連調査で明らかとなった、同じ世界に生きる私たち全員の課題です。

ロータリー会員は、基本的教育と識字率向上を支え、教育における性差を減らし、成人識字率の向上に努めています。その活動は、教育関連のテクノロジー支援、教師養成、職業訓練、給食プログラム、教科書の配布などのプロジェクトなど多岐に渡ります。日本のクラブでも多くのプロジェクトが実施されており、その一部をご紹介します(いずれもロータリーショーケースで紹介されました)。

クラブは、次のような活動も地元または海外の地域社会で実施できます。

また、先日発行された『ロータリーの友』2017年9月号では、「ようこそ、日本へ:在住者支援編」と題された特集記事が掲載され、ともに日本を支える海外出身者への識字支援を行うクラブの活動が紹介されています。いずれも素晴らしい記事ですので、購読されている方はぜひご一読を!

関連リソース
>> ロータリーの重点分野ガイド
>> 基本的教育と識字率向上:プロジェクト戦略
>> ロータリーショーケースでクラブの活動をご紹介ください

最近の記事
>> 矛盾から希望へ そして更なる光へ
>> 活動の原点 ~みんなの一歩が大きなパワー~
>> 私が平和フェローシップを志した理由

広告