12月は「疾病予防と治療」月間

ご存知の通り、ロータリーはポリオのない世界をめざす世界的イニチアチブにおいて中心的な役割を担っており、世界中のロータリー会員が予防接種活動への参加、各国政府への呼びかけ、募金活動/寄付などを通じてサポートしています。DSC03308-C2-BLU

そのほかにもロータリー会員は、マラリア、エイズ/HIV、アルツハイマー型認知症、多発性硬化症、糖尿病など、さまざまな疾病の予防と治療に携わっています。また、貧困地域の人たちを対象とした聴覚、眼科、歯科検診も実施しています。

疾病との闘いでは、患者への直接的なサポートだけでなく、地域社会全体のキャパシティを高めることも重要となります。以下がその例です。

  • 地元の保健従事者を対象とした医療ワークショップの開催
  • 地元の医療・保健インフラを向上するプロジェクトの実施
  • 主な疾病の拡散を防ぐための地域住民の啓発・動員
  • 疾病・怪我を原因とする身体障害を防止するプログラムの支援
  • 疾病予防・治療分野でのキャリア構築をめざす学生への各種サポート

ロータリーには、「疾病との闘い」分野で活動する13のロータリアン行動グループがあります。クラブや地区でこの分野のプロジェクトを実施する際は、これらのグループと協力することもご検討ください。

活動紹介

ロータリー公式日本語ブログで紹介された、「疾病予防と治療」に関連するロータリアンの活動例を再度ご紹介します。

皆さんの地区やクラブで実施された医療プロジェクトをぜひご紹介ください(Eメール: globalcommunications@rotary.org)。

最近の記事
>> 日本発:世界ポリオデー2018
>> 青少年奉仕部門のクロスプロモーション
>> ソーシャルメディア:7つのヒント

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中