「ロータリー」というブランドを守る

Rotary Voices photo

Amanda Wendt

By Amanda Wendt
(メルボルン・ロータリークラブ会員)

私は先日、テレビ番組でパプアニューギニアに住むある女性のことを知りました。彼女の顔は変形していて食事や会話が困難だったのですが、ロータリアンが支援する外科手術によって人生を変えることができました。

私はこの話を広めずにはいられませんでした。この活動に貢献したチームを称え、自分自身ロータリアンであることをどれほど誇らしく感じたかを伝えたかったからです。

多くのロータリーの友人が私と同じように感じたことでしょう。地元または世界中のロータリアンが変化をもたらす活動を実現したとき、私たちは共に誇りに感じることができます。この出来事は、自尊心とその価値を守ることの尊さ、そしてそれを多くの人に知ってもらう方法がある、ということを教えてくれました。

115年前のロータリー発足以来、ロータリーの歯車と共に、語られることのない無数の奉仕プロジェクトが行われてきました。安全な水の提供、疾病予防、地域経済の発展など、地域社会を改善する多様な活動です。

ロータリーの歯車は、これまでに私たちが成し遂げてきた成果と、これから成し遂げる目標を伝える最も純粋かつシンプルな視覚的表現です。私がこうして歯車のロゴを掲げてクラブで活動することは、これまでにロータリアンが成し遂げてきた功績を称えることにもなります。

ロータリーの「誇りのシンボル」である歯車のロゴを守る

今日、私たちは常に情報にさらされ、あふれるような広告メッセージに囲まれています。しかしロータリーには、これらの広告メッセージをすべて押しのけるほどの力強い、一貫した視覚的表現があります。

ロータリーのブランドを効果的に正しく使用するために、ロータリークラブや地区は次の点に注意するべきです。

  • 一目見て、ロータリーのプロジェクトであると分かること
  • 115年の時間と労力で築かれた親善と信頼を感じることができること
  • 専門性に長け、時間や労力を捧げる価値があることを示すこと

「ロータリー」というブランドはどのようにクラブに役立つか

私たちは皆、ロータリーのブランドを守るための重要な役割を担っています。確実に適切なロゴを使用することは、決して難しいことではありません。ロータリーのブランドリソースセンターでは簡単に、ロータリーのロゴを適切に使用した素材を作成できます。

新しいロゴを用いて、クラブの資料やウェブサイトのデザインを最新のものにしましょう。新しいロゴは、次のような資料に使うことができます。

  • クラブのソーシャルメディアやウェブサイト
  • Eメールの署名
  • スライドなどのプレゼン資料
  • パンフレットやチラシ
  • ポスター
  • 広告やプレスリリース
  • 看板やバナー
  • その他の資料

新しい資料を作るための予算が必要なら、クラブリーダーにできるだけ早く相談しましょう。

ロータリーは多様な会員から成る団体ですが、皆つながりあっています。同じ歯車を掲げ、同じ目標に向かって進んでいるからこそ、すべてのロータリープロジェクトの成果を分かち合うことができます。ロータリアンは自ら奉仕するだけではなく、ほかのロータリアンが奉仕を実現するための力になることもできます。私たちがロータリーの名の下に行う活動に誇りを感じるとき、同じようにその活動に誇りを感じるロータリアンがいます。

この誇りを共有することが、次の115年間の奉仕へとつながるでしょう。

>> ロータリーのブランドリソースセンター

関連記事
>> ブランドリソースセンターの新素材
>> ブランドリソースセンターのテンプレート活用法
>> ロータリーのブランディング:第1回
>> ロータリーのブランディング:第2回
>> ロータリーのブランディング:第3回

最近の記事
>> 2019年の活動を振り返り 2020年の奉仕を発展させる
>> ロータリーボイス 2019年閲覧数トップ5
>> 世界ポリオデーに世界中のロータリアンがイベントを実施

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中