青少年プログラム参加者から成るロータリークラブ

寄稿者:マーティ・ピーク・ヘルマン(第7780[米国メーン州の一部とニューハンプシャー州]地区会員増強委員長)

私の地区で33人の新会員から成る新しいクラブ「ニューボイス(New Voices)」が設立されたのは、2019年6月15日のことです。このクラブのユニークな点は、会員が全員、ロータリー青少年指導者養成プログラム(RYLA)の経験者(年齢18~30歳)だということです。

メンバーたちがRYLAと出会ったのは高校2年生のとき。以来、RYLA元参加者向けの地区RYLA ResetプログラムやRYLA workdaysなどを通じて活発に活動を続け、RYLAリーダーシップの機会にフルに参加してきました。メンバーの共通点は、若者の成長という意味で多くを与えてくれるRYLAへの愛着、そしてロータリーへの愛着です。しかし、高校卒業を目前にロータリーの活動をやめてしまう人も少なくありませんでした。

190702-new-voices

ジェフリー・カドレットRI理事(左)とニューボイス・ロータリークラブ会員たち。

第7780地区のRYLA責任者でスカボロー・ロータリークラブ会長のフィル・ジョルダーノさんは、次のように話します。「RYLA参加者がインターアクトに移行するというのは、当地区ではわりとうまく行っています。高校を卒業し大学に入学したら、地元のローターアクトクラブを見つけるか、キャンパスにローターアクトクラブがない場合は自分たちで設立することを奨励しています。しかし、大学を卒業してキャリアを始める頃になると、ロータリーから離れていってしまうのです」

若者のパイプライン

ニューボイス・クラブの設立の際にジェフリー・カドレットRI理事が私に言ったように、これは北米でよく見られる課題です。カドレット理事はこう話します。「RYLA、青少年交換、インターアクト、ローターアクトなど、若者が活動を続けられる素晴らしいパイプラインがロータリーにはある。このようなパイプラインはほかの団体がうらやむものだが、まだ完全に生かしきれていない。ニューボイス・クラブはまさにこのパイプラインを生かした成功例であり、ロータリープログラムに参加した学友がロータリアンになれることを示している」

2019年初め、ジョルダーノさんと私は、2016年規定審議会で採択された変更について深く考え始めました。この変更により、若者のリーダーシップ養成に力を入れ、例会はほとんどオンラインで行い、若者向けイベントを年に3~4回実施するという独自のクラブを設立できるようになったのです。

RYLA担当チームに早速連絡したジョルダーノさんは、新クラブ設立への関心があるかどうかを見極めた上で、設立への準備を手助けしました。まず、若者たちがミッションステートメントを自ら作成しました。ステートメントは次の通りです。「第7780ニューボイスは、あらゆる地域、能力、年齢の人が参加できる新しい種類のロータリークラブであり、若者のリーダーシップ養成と奉仕活動への情熱を分ちあう人たちのクラブである。私たちの目標は、できるだけ多くの人にロータリーの伝統的モデルを体験してもらうことである」

新しいタイプのクラブ

ニューボイスはまさに新しいタイプのクラブです。時間的制約、学校での活動、仕事上の制約などで毎週または週2回の食事例会への出席は約束できない一方で、ロータリーの活動に高い関心を抱いている人を対象としているからです。現在のロータリーの枠組みでこれと最も類似しているのはパスポートクラブでしょう。ニューボイスのロータリアンは、勉強や仕事で忙しく例会に出席できないときは、地域内のほかのロータリークラブでの奉仕活動やファンドレイジングに参加して「メークアップ」することが期待されています。

カドレット理事やバレリー・ウェイファー理事エレクトをはじめとするゾーンのリーダーも、この新しいタイプのクラブを積極的に支援してくださり、今後も支援体制を強化していくことを約束してくださっています。カドレット理事は、バリー・ラシン2018‐19年度RI会長がこのタイプのクラブを歓迎すると語ったビデオを持参してくれました。理事はまた、このモデルは今後大きく成長する可能性を秘めており、世界中どこでも模範とすることができると話しました。必要なのは、既存のロータリー青少年プログラムを強化すること。そのためには、少なくとも数年前までの参加者データベースにアクセスできるようにすることが大切なポイントです。さらに、真っ白なキャンバスに絵を描くように、新しいロータリークラブをつくるために新会員を導き、プロセスを後押しできる経験豊かなメンターが必要となります。

ニューボイス・ロータリークラブに関する詳細や新クラブ設立についてご質問がありましたら、私(martyrotary@gmail.com)またはジョルダーノさん(philtastic7780@gmail.com)までご連絡ください。

最近の記事
>>「ロータリー」というブランドを守る
>>2019年の活動を振り返り 2020年の奉仕を発展させる
>>ロータリーボイス 2019年閲覧数トップ5

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中